<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

20 best: Broken Beat (FACT magazine) vol. 3

FACT magのBroken Beat名盤20選に勝手に便乗しようの第3弾。(前回はこちら

今回もFACTの本文と合わせてどうぞ↓
http://www.factmag.com/2010/03/08/20-best-broken-beat/


b0000523_392997.jpg11: Mark Force
『Gypo (Doasulikey) / 40 Days, 40 Nights』
(Bitasweet 12″, 2002)

G Forceとして活動していたドラムンベース時代の初期~Bugz In The Attic
としても活動をともにしてきたSeiji同様、その一貫した骨太な音作りのセンスが
印象的なMark Force。Orin WaltersとのAfro Force 「Goza」や「Lo Tek」、
Kaidi TathamとのユニットBlakaiなどで、作品数は多くないが確実に名作を
残してきた実力派によるリードシングル。「Gypo」は絶妙にハネた太いビートに
ドラムンばりのブリーピンなベースが最っ高に踊れる曲で自分もよく使わせて
もらってました。B面の「40 Days~」は、当時は案外ありそうでなかなか無かった
ブギーなブロークンディスコトラックで、こちらも秀逸なデキ。
[試聴]



b0000523_394381.jpg12: Seiji
『Loose Lips / 3Dom』 (Bitasweet 12″, 2002)

こちらも同じBugzのレーベルBitasweetから2002年リリースのビッグヒット。
ブロークン好きには説明不要な「Loose Lips」は、Seijiお得意のシンプルで
フックの効いたビートに、Lyric Lの超アグレッシヴなフロウが炸裂し、定番の
サイレン音が鳴り響くというフロアの勢いそのものを凝縮したようなシーンを
代表する1曲。本曲のインストにQ-Tipのラップをのせた、Solid Grooveによる
Mash Upチューン「Loose Tips」も同様にヒット。B面の「3Dom」もまた、
激ファンキーで踊れる21世紀型コズミックフュージョンで文句無し!
[試聴]



b0000523_395470.jpg13: Agent K
『Feed The Cat』 (Laws Of Motion LP, 2002)

ブロークンビーツのシーン形成にかかせない数々のトラック誕生に最も広く、
そして深く関わっているのがこのAgent KことKaidi Tathamである。
キーボードはもとよりパーカッションやフルートなど様々な楽器を演奏する
名プレイヤーっぷりで、古くはNinja TuneのHerbaliserの1stから現在まで
ウエスト・ロンドン界隈の作品でクレジットされ続ける無くてはならない存在。
そんな彼の初リーダーアルバムは、全編スムースな質感と捻りの効いた楽曲の
数々、インパクト大なジャケもあわせて彼のキャラクターそのものと言ってよい。
さらにBugzメンバーが多数携わっており、前述のNeon Phusionや後のDKD、
そしてSilhouette Brownをはじめとする長きに渡るDegoとのコラボ諸作品
などとも完全に通じる内容。後にGiant Stepからもライセンスリリースされました。
[試聴]



b0000523_310599.jpg14: 4hero
「Hold It Down (Bugz In The Attic's Co-Operative Mix)」
(Talkin' Loud 12″, 2002)

シーンの大ボス4heroの2001年作『Creating Patterns』の代表曲を
彼らのチルドレンたちが全身全霊をかけてリミックスした最強トラック!
Lady Almaの力強い歌はそのままにエレピやストリングス等のオリジナル
フレーズをしっかり使いつつ、これぞBugzというアップリフティングなビートや
ベースにアップデート。シンセバッキングやサイレンを足して見事に再構築した
本トラックをPROMO盤で初めて聴いた瞬間の衝撃度は今でも色褪せません。
ちなみにBugzのリミックス集『Got The Bug』収録の本曲にはサイレン音類が
一切入っていないためどうしても物足りなく感じてしまう。
なぜこのようなバージョンにしたのか疑問。
[試聴]



b0000523_1134646.jpg15: Nepa Allstar
「The Way」 (Surplus 12″, 2001)

ロンドン発、"CDR"という人気パーティを仕掛けるAttica Bluesの
Tony Nwachukwuによる謎の名義での1曲。12インチがたった3枚きりの自身の
ブロークンレーベルからのリリースで、本名義もこの曲しか出していないはず。
浮遊感のあるミニマルなブロークンビートに70年代のファンク・ディスコバンド、
Brainstorm 「Journey To The Light」から、きらめくコーラスのほんの一部分を
切り取り、執拗にリフレイン。名前も曲もどこか人を食った感じでトリッキーながら
中盤以降のパッド+ピアノの広がりがドラマティックで非常に印象的なトラック。
とてもクセになる気持ちよさでこれもよくミックス時に使わせていただきました。
[試聴]



ようやく次回がラストです。(第4弾

20 best: Broken Beat (FACT mag) vol. 1, vol. 2, vol. 3, vol. 4
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-03-29 03:11 | 今日の一枚

Spinning @渋谷 Bar&Cafe 特異点, 2010.3.21 (Sun)

Spinning音楽ブロガーたちが集まってお送りするパーティ"Spinning"無事終了しました!

集まってくれたすべてのお客さん、美人の奥さんといらしてDJプレイでも大いに
場を楽しませてくれたbeatjunkieさん、今回この場を快く提供していただいた
特異点のジローさん、そして改めて誘ってくれたShooterさん、マチュ君に感謝です!

DJ陣は、やはりそれぞれの個性があふれる内容で、
音楽的には非常に濃い時間となったのではないでしょうか。

Shooterさんはヒップホップ、ダブステップ、ディープハウス、JPOPまでと
多彩ながらも一貫したセンスで見事な流れを作っててメチャクチャ気持ちよかった。

自分は数年ぶりのDJということで事前に何度か実家と家を行き来しレコードを
集めてきてはいたんですが、なかなか曲を決められずに当日を迎えてしまい
とりあえずレコバッグ2つに持てるだけ持って参加。
四つ打ち多めでとだけ決めて、あとは完全ノープランで臨みましたが
途中まで時間長いな~とか余裕こいてたら意外に早く終盤となってしまって、
最後は急いだ感じでバタバタッとデトロイト(っぽい)テクノをかけた形に。
まぁこんなものですねw

beatjunkieさんはニューウェイブからハードテクノへ繋げる
貫禄のプレイ。名曲もちらほらでガンガンに盛り上がってましたね~。

トリのマチュさんは新譜を中心にハウスやテクノをとにかく自在にスピン!
クラブ好きにはたまらない内容でとにかく酒がすすんでしまいました。。

また次回も開催したいと思っていますので今回の反省点をまとめつつ
ぼちぼち準備に入っていければと思います。どうもありがとうございました。

最後に、みなさんトラックリストを掲載してるので自分もちょっとがんばって
約90分の間でかけた曲を、レコバッグ内の並びをヒントに覚えてる範囲で記します。
一部曲順が危ういですがおそらくこれで全部だと思います。

Tracklisting
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-03-22 18:31 | イベント/ライブ

20 best: Broken Beat (FACT magazine) vol. 2

FACT magのBroken Beat名盤20選に勝手に便乗企画の第2弾です。(前回はこちら

今回もFACTの本文と合わせてどうぞ↓
http://www.factmag.com/2010/03/08/20-best-broken-beat/


b0000523_11083.jpg06: Son Of Scientist
『Theory Of Everything / Ion Steel』 (Main Squeeze 12″, 2001)

僕のなかでは4heroと並ぶ最重要キーマンの一人が、このIG Cultureである。
IGといえばメインはNew Sector Movementとしての印象が強いと思いますが、
このS.O.S.名義は本作を含むEP2枚と、コンピやリミックスワーク等でたまに
クレジットされる程度で残念ながらCD化すらされておらず。
しかし、ぶっとく強烈なシンセベースにバスンバスン打ち込まれる硬質ビート
というフロアで最も威力を発揮するタイプの作風で、本作は"万物の理論"なんて
仰々しいタイトルも含め、特にお気に入りの一枚。
我が家では今だ現役でちょくちょくターンテーブルに乗っかります。
[試聴]



b0000523_635542.jpg07: Kudu
『Space / Transit』 (Bitasweet 10″, 2001)

Kudu=Domu+Seiji+Mark De Clive-Loweというドリームチームによる10インチ。
両面ともに、最高峰のドラムプログラミングと固めのベースサウンドにスリリングな
シンセやストリングスが、Twistedなファンクネス溢れるブロークンビーツとなっている。
のちにこのメンツにBembe Segueを加え、オランダのKindred Spiritsレーベルから
前衛ジャズダンスミュージカル"Legend Of The Underground"のサントラ作品を
発表していますが、そちらもまさに本作の延長線上にあると感じます。
[試聴]



b0000523_6351993.jpg08: Domu
『Save It』 (2000 Black 12″, 2001)

ブロークンビーツ創世記から現在まで、シーン拡大に多大な貢献をした人物といえば
まずこの人。特にその複雑極まりなく、かつフロアを爆発させる心身ともにクるビート
プログラミングのセンスは群を抜いていて、もしビートの組み方に特許などがあったら
彼は世界トップクラスの発明王となっていたでしょう。活動復帰を心から望んでいます。
さて本作は、シンガーFaceをフィーチャーしたお得意のつんのめりビート炸裂の
歌モノブロークンで、リリースから長きに渡ってスピンされまくっていました。
ちなみにヴォーカルディレクション(歌録りの指示ね)のみ4heroが担当。
[試聴]



b0000523_6353116.jpg09: Afronaught
『Transcend Me』 (Apollo 12″, 2001)

ブロークンビーツ・シーン最大にして永遠のアンセムといえば、この曲を置いて
他に無いだろう。イントロからラストまで終始ドラマティックかつ、何者にも
替えがたいこの高揚感は間違いなくトップクラス!
ハウスミュージックのプロデューサーからこの世界に入ったAfronaughtこと
Orin Waltersは、Bugz In The Atticの中核をなす人物で、彼が中心となった
プロダクションにおいては、ハッキリ言ってハズレを引いたことが全くありません。
名前からもわかる通り、アフロ、ラテン的なビートを得意とするも、同時に都会的で
洗練された印象も感じさせるそのセンスは、個人的にはLouie Vegaあたりと重なる。
本作と本作を含む1stアルバムは、なぜかR&S傘下のアンビエント系レーベル
Apolloよりリリース。プロモーションには疑問が残りますが内容は当然超傑作です。
[試聴]



b0000523_6354483.jpg10: Da One Away
『Trash Da Junk』 (Main Squeeze 12″, 2001)

Degoによるプロデュース・演奏(・歌も!)に、Kaidiの華麗かつ力強いKey.
というキャプ翼並のゴールデンコンビな組み合わせ。そしてメインヴォーカルには
Face嬢を迎えてのミニマリズム全開なファンクチューン!一度聴いたらアタマから
離れない、執拗に繰り返される強力なフックは多くの人の耳に残っているはず。
B面の808バージョンも脳内にジワジワ染み入る仕上がりで渋ファンキーな逸品。
[試聴]



次回へ続く。(第3弾はこちら

※3月13日昼過ぎ頃、iPhoneにてエントリー。16日午前2時頃、修正・加筆済み。

20 best: Broken Beat (FACT mag) vol. 1, vol. 2, vol. 3, vol. 4
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-03-13 06:36 | 今日の一枚

20 best: Broken Beat (FACT magazine) vol. 1

UKのFACT magazineにて、Broken BeatのBest 20が掲載されています。

Broken Beat(s) (ブロークンビーツ)
90年代後半、ジャングル・ドラムンベースから派生しウエスト・ロンドンにて進化した
アンダーグラウンドなムーヴメントは2000年代に入りますます盛り上がりを見せる。
もちろんここ日本でもレコードショップを中心に話題となり、クラブ雑誌などでも特集が
組まれ、やがて文字通りのBrokenな変則Beatは人々に耳慣れたものとなって、
ある意味では現代のクラブ版ファンクミュージックと言っても過言ではない。(持論)

そんなBroken Beatの歴史を振り返るような本国FACTマガジンの名盤20選は、
さすが文句なしのチョイスではあるのですが、未CD化の12インチ音源も多く、
さらにこれだけの英語をすべて読むのも疲れそうだということで、こちらで勝手に便乗し、
極東リスナーである私の視点にて好きに語らせてもらおうという初の試み。
どうか暖かい目でお願いします。

当然、Mr BeatnickさんによるFACTの本文と合わせてどうぞ↓
http://www.factmag.com/2010/03/08/20-best-broken-beat/


b0000523_3311272.jpg01: Cold Mission
「Drug Store Rude Bwoy (Nu-Era Remix)」 (Reinforced 12″, 1996)

まずは本企画の当然中心人物となるイノベーター、4heroの2人による96年の作品で
MarcのCold Mission名義の原曲をNu Era名義でセルフリミックスしたレアな1曲。
Innerzone Orchestra 「Bug In The Bassbin」の4hero Remix同様に、
ドラムンベースからビートを文字通り"Broken"した、まさに原型というべき
実験精神が聴いて取れます。なお、本曲のエレピによるコードの展開はのちに
4hero 『Two Pages』収録の「Third Stream」に、ビートは後述するコンピ
『Co-Operation Vol. 1』収録曲に、それぞれ再利用されています。
[試聴] (※リンク先の65分50秒くらい~。初めの2分半程トークが被ってます)



b0000523_3353684.jpg02: Misa Negra
『Spiritual Vibes』 (People 12″, 1998)

Misa NegraとはDaz-I-Kueの別名義で、本作にはKaidi Tathamが参加し、
さらにAfronaughtことOrin Waltersが2パターンのMixを提供という、まんま
Bugz In The Atticな一枚。Dazらしいストリートの荒々しさ感にKaidiの音楽性、
そして後にプエルトリカンに大ハマりするOrinのラテンダブにディープハウスと、
今聴くと3人の個性がとてもよく出ていると思う。地味だけど中毒的にハマる曲。
[試聴]



b0000523_3355554.jpg03: Neon Phusion
『The Future Ain't The Same As It Used 2 B』
(Laws Of Motion LP, 1999)

Alex Phountzi、Kaidi Tatham、Orin Waltersという、こちらもBugzメンツに
よる大傑作。かなり12インチカットが多く、当時聴きまくっていたのでどの曲も
非常に馴染み深い。特にIG Culture & Bembe Segueとのコラボとなるタイトル曲が
群を抜いて素晴らしく、他にもスリリングかつスペーシーなトラック満載。
当時はまだフューチャージャズと呼んでました。
ちなみに「Timecode」はあのAfronaught 「Trancend Me」と同じビート使い。
[試聴]



b0000523_336347.jpg04: Various
『Co-Operation Vol. 1』 (Co-Operation Recordings 2x12″, 2000)

ウエスト・ロンドンを代表するシーンの聖地、"CO-OP"の名を冠した記念すべきコンピ。
当然ながらオール新曲。Nathan Hainesによるフルートのインプロが、ひたすら
パーカッシブなディープトラックの上で映えるPhil AsherのPhoojun名義で幕を開ける、
アフロ、ラテンな肉感的トラックでまとめられた一枚目とは対照的に、未来感覚溢れる
後半二枚目はいよいよ本領発揮。まずAlex AttiasによるCatalystは、同時期リリースの
2000Blackレーベル初のコンピ『Good Good』冒頭曲同様のジャジーでコズミックな
トラック。そこから流れるように続くNu Era & Pavel Dego Kostiukは、前述の
Cold MissionのRemixのビートを再び使ってのDego流フューチャーファンクを展開。
さらにこの手の音は得意なSeiji & G Forceに続き、ここでもNeon Phusion節が健在。
ラストはModajiによる浮遊アンビエントトラックと、最後まで隙の無い作品。
[試聴]



b0000523_3361159.jpg05: Vikter Duplaix
『Manhood』 (Groove Attack 12″, 2000)

フィリーが生んだ伊達男、Vikter Duplaixのソロデビュー作。地元フィラデルフィアで
Jazzy JeffのTouch Of The Jazzプロダクションにおけるエンジニアとしてキャリア
を積み、その後King Brittとの一連の作品や、Jazzanova 「That Night」などで聴ける
透明感とセクシーさをあわせ持った一流のヴォーカルで一躍有名に。
記念すべきソロデビュー作にして何なんだこのトリッキーさとセクシーさは(笑)
試聴して即買いしたのを今でもよく覚えてる。その後レコード針で傷付けてしまい
買い直したので2枚ありますが。この曲はGilles PetersonのWorld Wideコンピ第一弾に
収録されているので実は聴いたことある人も多いはず。リミックス12インチも存在します。
[試聴]



てなわけで、まだたったの5枚しか進んでないのに、棚から必死で探して聴き返して、
という作業が異様に疲れるし、内容書き過ぎで全然進まないので、全4回に分けます・・・。

次回へ続く。(第2弾はこちら

20 best: Broken Beat (FACT mag) vol. 1, vol. 2, vol. 3, vol. 4
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-03-11 02:34 | 今日の一枚

3/21フライヤー的な。

3/21のパーティ"Spinning"のフライヤー的なモノを、
何もないのもさみしかったのでお遊びで適当に作ってみた。
本当は昨晩作業してたんだけどM'sのことで驚いてアップし損ねてました。
印刷は考えていないのでサイズほか細かいことは無視で。

b0000523_11454046.jpg
"Spinning"

2010/3/21 (sun) @渋谷 Bar&Cafe 特異点
Door: 17:00-23:00
Bar Charge: 500yen
All Drinks: 500yen!
DJs:
Matyu (Tokyo Experiment)
Shooter (Vinylism)
Takesht (b2flog)
Guest DJ: beatjunkie (Yokohama Beat Junkie)
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-03-09 11:24 | イベント/ライブ

[訃報] M's Curryのマスター

b0000523_18305044.jpgDJ Akiさんのブログで先ほど知りましたが、笹塚にある
カウンターのみの小さなカレー屋『M's Curry』のマスターが、
昨晩突然に亡くなったそうです。

『M's Curry』と自分は始めなかなか出会えず苦労しました。
ニ度訪れるも場所がわからず、三度目にようやく発見したときは
運悪く不定期の休業日にあたってしまい・・・。

四度目の正直で初めて入店でき、目にしたのは始めのサラダにかける
お店特製ドレッシングの小瓶をみんなでポンポン叩くおなじみの光景でした。
(のちにコツがわかり、叩くより逆さにして勢いよく振って出すのを覚える)

最初に口にしたのは、忘れもしないチキンカレー。

今まで味わったことの無い奥深いスパイスの香りたっぷりな
サラサラのスープにホロホロに煮込まれたチキン。
固めのライスに一緒に盛り付けてある絶妙な漬けキャベツ。

苦労の末たどり着いた味ということを考慮しても
ここまで衝撃を受けたカレーは初めてでした。

そして何より自分がお気に入りだったのはポークカレー。

もはやカレーというより濃厚スパイシーシチューとでもいうべき
あの幾重にも重なるスパイスの香りに、煮込まれたポークや野菜の
濃厚な旨み、とっても贅沢感のある甘辛い味わい、ボリューム。
もうどれをとっても一番好きなカレーで、何度行ってももう一度
食べたくなるのはいつもあの味でした。

そんな大好きなカレーを、仕込みから調理、給仕、水のおかわりから
お会計まですべて一人でこなしていたマスター。

(時々手伝いの女の人が水を出したり会計をしたりしてはいたけど、
お客さんに出すカレーやサラダはすべてマスターが担当してました)

一見愛想はないけれど、その背中には自分の作るカレーへのこだわりと、
それを食べに来るお客さんへの愛が溢れているのが見て取れました。

僕はそんな昔から通っていた常連というわけではないけれど、
もう二度とあの味を味わえないと思うと喪失感でいっぱいです。

マスターのご冥福を心よりお祈りします。
そしていつも美味しいカレーをありがとうございました。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-03-09 02:59 | その他の雑記

2010/3/21 (sun) Spinning @渋谷 Bar&Cafe 特異点

b0000523_4515147.jpgとってもひさびさに声をかけていただき、この度DJパーティを始めることになりました。

出演者はみな有名な音楽ブロガーの方々ばかりなので
音楽好きには非常に興味深い内容でお送りできるはず。

テクノやハウス、ダブ、ミニマル、バレアリック、ディスコ、ソウル、ジャズ、
ヒップホップ、エレクトロ、ニューウェイブにメタルまで飛び出す可能性があります。笑

自分は気分的にユルめのジワジワ系ちょいディスコティックな感じ
(よくわかりませんが)で行こうかなとうっすら思っております。

当日は3連休の中日の日曜、夕方~終電前までの健康的なパーティですが
終了後はもちろんそのまま渋谷の街に消えていくことも可能。

そして特異点さんのご好意によりドリンクはすべて500円かつ
食べ物も持ち込み自由となっているので、渋谷で音楽のかかる
リーズナブルなバーというような感覚でぜひ気軽にいらしてください。

"Spinning"

90年代、アンダーグラウンドな抵抗者たちは
民族や世界、そして銀河までもコネクトしようと呼びかけた。

しかし世界が圧倒的に近くなった2000年代以降、
人々の関心はより個人へとシフトして行く。
Peer2Peer、Community2Community、Tweet2Tweet・・・。

そして2010年代。デジタル音源やストリーミング技術の手軽さに、
社会の情勢に流されて恋愛感情を失った草食男子も、
どこか物足りなさを拭えない肉食女子も、
リアルでアナログな衝動、感情、体験を求めて今ここに起ち上がる。

パーティ中はもちろん、パーティが終わっても
今夜はそのままLet's Spin!!!!!

DJs:
Matyu (Tokyo Experiment)
Shooter (Vinylism)
Takesht (b2flog)

Guest DJ: beatjunkie (Yokohama Beat Junkie)

2010/3/21 (sun) @渋谷 Bar&Cafe 特異点
Door: 17:00-23:00
Bar Charge: 500yen
All Drinks: 500yen!
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-03-07 23:07 | イベント/ライブ