<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2009.03.28 (Sat) 春休み@ageHa

b0000523_0433665.jpg一時期はしょっちゅう行ってた感じだったのに、いつのまにか最後に行ったのが
いつだったか思い出せないくらいご無沙汰な新木場ageHaで今週末、
こんな超~豪華なパーティがあるらしいのでひさびさ遊びに行く予定~。

春休み

[Arena]
EYE
川辺ヒロシ
桑田つとむ a.k.a. QUIETSTORM
Live: Cro-Magnon
Visual: 宇川直宏

[Island Bar] "Amami Eclipse Floor eclipse2009"
JUZU a.k.a. MOOCHY
DJ KENSEI
HIKARU (BLAST HEAD)
Sinkichi (Sun Conscious)
VJ: REALROCKDESIGN

[Tent]
MOODMAN (GODFATHER)
DJ KENT (FORCE OF NATURE)
MOKMAL SOUND CREW
Live: SOFT, ALTZ (F*O*L*)
Deco: ENWAMADE
Lighting: YAMA-CHANG
Live Paint: PinT (Takao Suzuki×Pinkman)

[Water Bar]
DJ NOBU (FUTURE TERROR)
REE.K
FUNKY GONG
SANDNORM (OVA)

2009.3.28 (Sat)
Open: 23:00
Door: 3,500yen / ageHa member: 3,000yen
ageHa@Studio Cost
http://www.ageha.com/
[PR]
by soundscope_b2fr | 2009-03-24 00:44 | イベント/ライブ

Cim 『Reference』 (Defocus)

b0000523_423685.jpg超お気に入りの一枚をご紹介。

かつて存在したイギリスのClearレーベル亡き後に、同レーベルスタッフによって
立ち上げられたFocus(まもなくしてDefocusと改名)。Doctor Rockit名義でClearを
初期の活動の拠点としていたMatthew Herbertは、きちんとお金が支払われないまま
新レーベルを設立するなんて信じられないと批判してましたが・・・。

Clear同様のエクスペリメンタルとホームリスニングな要素を兼ね備えた
レーベルカラーはそのままに、このCimの他に、John Tejadaのリスニング指向な
エレクトロ・ダウンテンポアルバムや、PlaidプロデュースのPlus One、Lackluster、
Tim Koch、Esemなど、よりIDM寄りな作品をリリースしていたDefocusでしたが
やはり商業的にはうまく行かなかったらしく、2000~2002年の間に約20作品ほどを
残してクローズしてしまいました。

初期のDelsinからも傑作12インチをリリースしているこのCimの本作は、彼の作品中
唯一のオリジナルアルバムであり、アンビエント感の強い、くぐもったシンセのメロディと
細かくも決して主張しすぎないビートが、キラキラと輝くやわらかな冬の日差しのようで
とても心地良く、自分は約9年間ずっと聴き続けている一枚です。

Defocusの作品には共通して言えるのですが、この手の癒し系(?)エレクトロニカに
ありがちな生音、楽器音の安易な導入や、奇をてらったような変調音等も使わずに、
アナログライクな純度100%のエレクトロニック音楽という潔さも好きです。

さらに特筆すべきはこの作品、iTunes他各プレーヤ搭載のビジュアライザとの相性が
バツグンに良いので映像とあわせてぼーっと眺めるのにも適しています。

Defocusはフロア向けの音は皆無ですが、Clearの諸作より聴きやすい作品が多く、
どれもほぼハズレが無いので個人的にはかなりオススメです。
レイハラカミとか好きな人はきっと気に入ると思います。

試聴&ダウンロード http://www.bleep.com/?label=Defocus

Amazon [UK盤(在庫無し)]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2009-03-22 03:51 | 今日の一枚

Arovane 『Atol Scrap』 (Din)

b0000523_2318283.jpgIDM名作シリーズその2。

というわけでArovaneです。

ドイツ生まれのドイツ育ち、同郷のMonolakeやPoleといった、生粋の音響職人たちの
作品をリリースしているレーベルDinから、数枚の12インチリリースを経て2000年に
発売されたデビューアルバム。(実はこの時すでに35歳だったらしいです。)

同年に同じドイツのCity Centre Officeからリリースされたもう一枚のアルバム
『Tides』が、ノスタルジックでなんとも言えない感傷的な気持ちを呼び覚ますやわらかな
印象だったのに対し、こちらはむしろ本領発揮といえそうな、電子ノイズのひんやりとした
感触と秀逸なメロディ、そして適度にアグレッシヴなビートが冴えまくっている、
まさにIDM代表といった感もある作品。

この人の作品に共通するのは、硬く鋭い切れ味のいかにもドイツらしい質感と、
Basic Channel直系の深いダブ音響感、そして持って生まれた?のかは定かでは
ありませんが素晴らしいメロディ感覚とが見事に同居しているところで、何とかフォロワー
と言えば聞こえは良いが、単なる劣化コピー作品(言い方は悪いがそういったものが
多いのも事実)が、星の数ほど存在するこの世界で、一際存在感を放っていました。

話は逸れますが、最近ベーチャンフォロワーなリリースで賑わいを見せるデトロイトの
Echospace周辺の音は劣化どころか完全コピー+アルファといった感じでニクイですね。

Arovaneは残念ながら2004年のアルバム『Lilies』を最後に活動休止を
宣言しているのですが、また新作も聴いてみたいですね。

http://www.arovane.de/
http://www.din-records.de/

Amazon [DE盤(在庫無し)]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2009-03-19 01:11 | 今日の一枚

Adam Johnson 『Chigliak』 (Merck)

b0000523_20511596.jpgいつも仕事中に毎回聞いているBeyondjazz.netのPodcastが、
今回めずらしくIDM特集をやっていて、この週末無性にいろいろ聴きたくなりました。

IDMとは“Intelligent Dance Music”の略語で、この手のジャンルは日本では
“エレクトロニカ”と呼ばれることも多いのですが、この呼び方はヨーロッパ等では
もっと広義のエレクトロニック音楽全体を指して使われているようです。

さて自分もIDMでお気に入りの作品は古くからたくさんあり、好きなレーベルや
アーティストも数知れずなのですが、いかんせん持っている音源の大半が実家に
置きっぱなしのため、昨夜からとりあえず手元にあるMerckのMixCDを聴いてました。

大好きなLackluster、Proem、Brothomstates、Blamstrain、Deceptikon、
Machinedrumなどの幅広くも手堅い選曲が矢継ぎ早に展開される好内容で、
なかでも耳を惹かれるのが、やはりMerckでも特に好きなこのAdam Johnsonの曲。

彼のリリース数はあまり多くなく、12インチ数枚と、リミックス等でいくつかのコンピに
参加している他は、この2003年作のアルバム『Chigliak』のみという寡作っぷり。
(しかも12インチもほぼこのアルバムのカットという・・・)しかしこのアルバムこそ、
IDMに興味があって未聴の人がいるなら絶対にオススメしたい大傑作!

壮大な広がりを見せるアンビエントから始まり、グリッチあり、正統派電子ビートあり、
踊れる四つ打ちありと多彩ながらも、空間の広がり方と透明感のある音使いが超秀逸!
最後までずっと良い曲が続きます。

なかでも12曲目「Malk」からの4曲は、意外にもダビーで綺麗目なテックハウスが続き、
サブレーベルのNaritaから12インチでもリリースされて特にお気に入りだったのですが、
その後なんとSashaやJohn Digweedといった大箱系の大御所DJが揃ってミックスCDで
選曲したりして驚かされました。

残念ながらすでにMerckは終了しているので新品はデッドストックを探すしかないのですが
なぜかAmazonを見ると現在も取り扱い中になっています。

トラックリスト&試聴 http://www.m3rck.net/html/discog/016.html

Amazon [US盤]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2009-03-14 20:51 | 今日の一枚

Windsurf 『Coastlines』 (Internasjonal)

b0000523_0514923.jpgPrins Thomasが昨年より新たに主宰するInternasjonalレーベルから、
フルアルバム第一弾は、サンフランシスコのWindsurfなる二人組で、
アナログ機材やエレキギター、そして各種エフェクトが爽やかでリラックスした
ウエストコーストらしい、ゆるゆるバレアリックサウンドを展開。

ジャケットのインナーにはビーチや山の写真と笑顔の本人たちの写真、
ヴィンテージ機材やラップトップが並んだ写真などが載っていて、
実に楽しみながら音楽をやっている雰囲気が伝わってきます。

2曲目「Light As Daylight」では、中盤よりなんとあの「E2-E4」のフレーズを
さらっと引用していたり、全体的にダビーでカラフルな音をひとつひとつこまかく
聴いていくと結構凝ったプロダクションぽいですが、まずそんな小難しいことは
抜きにして、ラストの見事なアンビエント曲まで終始誰でも気持ちよくなれそうな、
柔らかさと適度なポップさをあわせ持った作品です。

おそらく本人たちによるゆるめの歌も良いですね。好きですこんなの。
http://www.myspace.com/windsurfmusic

Amazon [US盤]/[JP盤]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2009-03-08 00:56 | 今日の一枚

Dan Curtin 『The Silicon Dawn』 (Peacefrog)

b0000523_16201013.jpgこちらは今回再発する『The Web Of Life』のオリジナルよりもさらにレアと言われている
Dan Curtinのファーストアルバム。たしかに中古屋でもほとんど見かけることはありません。

初期のPeacefrogは一切の再プレスもせず、地道に数多くの優良テクノ・ハウス作品を
リリースし続けていたストイックなレーベルだったのですが、特に近年はテクノの枠には
こだわらず、新たな方向性を模索し始めている模様。

さて、そんなPeacefrogでレーベルとしては2枚目のアルバムリリースとなった
この『The Silicon Dawn』は、アナログシンセ・アナログリズムマシン音がふんだんに
詰め込まれた初期のDan Curtin節炸裂!の濃い内容なんですが、
どこかこのジャケットのイメージ通り、ひんやりとした宇宙を彷徨っているかのような
風景が感じられる、絶妙な世界観を持った作品。文句無く名盤です。

しかしアナログで1曲、CDで2曲の独自収録曲があるため、マニア泣かせの仕様で…w
一応自分は両方所有することができていますが、再発無しのポリシーはどこへ?と言わずに、
せめてCDだけでも再発されることを願いましょう。

このような名作が一部のマニアだけのものでなく広く聴かれることは良いことだと思うし、
それによって今のアーティストたちも刺激を受けてより創作意欲が湧いてくれたらいいのにな
と切に願っております。最近記憶に残る作品が少ない気がするので。。

と、書いた後に調べたらCD版はiTunes Storeにありました!
http://download.music.yahoo.co.jp/shop/ic/11/77871460-271800658

Amazon [UK盤(在庫無し)]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2009-03-07 16:22 | 今日の一枚

Dan Curtin 『The Web Of Life』 (Peacefrog)

b0000523_2161871.jpgデトロイトのあるミシガン州のお隣、オハイオはクリーブランド出身で、
デトロイトテクノやシカゴハウスに影響されながらも、叙情性とめくるめくアツイ曲展開が
特徴的なオリジナリティ溢れるテクノ/ハウスプロデューサー・DJであるDan Curtin。

91年のデビュー以来、自身のレーベルMetamorphicをはじめ、現在もヨーロッパを
中心にさまざまな国のレーベルから作品をリリースし続ける大ベテランで、
Morgan GeistやTitonton Duvante、Hannaあたりのアーティストも
彼のレーベルよりデビューしてたりします。

そんなDan Curtinの初期作品を集めたベスト盤的アルバムがこの『The Web Of Life』。
すでにiTunesにもあったのですが、今回CDも再発だそうです。4/25発売予定。

1曲ずつ通常通りフルで収録しているアナログ盤(全9曲)と違い、曲数も大幅に多く、
前半・後半の二部構成でDJミックス仕様になっているCD盤(全15曲)は、
昔の貴重な音源の数々を一気に堪能できます。ミックスも一部エディットっぽい
ギミックが効いていたりして、CD一枚ですが十分ボリュームがある感じ。
どれも14年以上前の作品ですが、やはりいつ聴いてもオリジナルだなー。

個人的には特に「3rd From The Sun」や「Out Of Sight & Mind」、ラスト3曲の
「Inner View」、「Sentient」、「Intertwined」あたりが彼らしい傑作で大好きです。

余談ですがアナログ盤収録の「Intertwined」が、ジャケットやレコードラベルには
「Out Of Sight & Mind」と曲名表記が誤植になっていて、後に『Origins EP』を
手に入れるまで、ずっと勘違いさせられたのはイイ思い出です。。

Amazon [UK盤(オリジナル)]/[UK盤(リイシュー)]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2009-03-06 02:19 | 今日の一枚