<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Metamorphose 08

b0000523_1095775.jpg今年も恒例のあれがやってきました。

一昨年の夢見心地体験をもたらしてくれたManuel GottschingがAshraとして
まさかの再登場を始めTony Allen、Jah Shakaとかっていう超大物にくわえて、
Galaxy 2 Galaxy、Theo Parrishのデトロイト勢にJosh Wink、Matthew Dear、
Cobblestone Jazzとかさすが分かってるメンツ。

クラムボンにAlbum LeafにKrushにNujabesってバラバラのようでいて外してないし、
さらに昨年ガッチリロックされたJoe Claussellや、メタモレギュラー陣の間違いない顔ぶれ・・・・

などなど、ある意味過去最強といえるラインナップで開催されます。
こんだけ充実してると重なってるときどこで過ごそうか絶対迷う・・・。


METAMORPHOSE 08

2008年8月23日(土)16:30開場 18:00開演
自転車の国サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市)

ARTIST:
・MANUEL GOTTSCHING & ASHRA
・GALAXY 2 GALAXY
・TONY ALLEN
・THE ALBUM LEAF
・THEO PARRISH
・JAH SHAKA
・JOSH WINK
・COBBLESTONE JAZZ
・MATTHEW DEAR
・JOAQUIN "JOE" CLAUSSELL
・BOOM BOOM SATELLITES
・CLAMMBON
・toe
・DJ KRUSH
・NUJABES
・EYE
・CALM
・FUMIYA TANAKA
・Q'HEY
・KIHIRA NAOKI
・HIROSHI KAWANABE
・RYOTA NOZAKI (JAZZTRONIK)
・DJ NOBU
・MAYURI
and more...

オフィシャルサイト http://www.metamo.info/



関連CDなどもあるので予習したい人はチェック↓


b0000523_1095775.jpgVarious 『Metamorphose 08』 (0510 Music)

出演者の曲を集めた(Manuel Gottsching & Ashraも入ってる!)、
2枚組オフィシャルコンピ。たぶん非ミックス。
なんというか、メタモならではの内容ですな。

試聴 (8月2日リリース)

Amazon [JP盤]



b0000523_10114742.jpgVarious 『Metamorphose 08 Presents: CB Session Mayuri Mix』 (0510 Music)

メタモの主宰者であるDJ Mayuriによる、今年っぽいテクノミックスCD。
いつも本当にごくろうさまです。今年もゴミ拾って帰りますよー。

試聴 http://www.cisco-records.co.jp/html/item/005/062/item573943.html

Amazon [JP盤]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2008-07-25 08:43 | イベント/ライブ

復帰します。

一年以上放っておいてなんですが現在頭が痛い。
クスリ飲んだけどまじでなんとかならんもんか・・・。

つーわけで気分直しに去年から自分ヒットだった音楽とかを思いつくままにぼちぼち書いていこうかと思う。

今こんな状態なもんで今回は和み系ばっかだし、特に新しいものでもめずらしいものでもないので
ふ~ん、くらいに読み流して良いと思います。それにしても野外で聴きたい季節だな~。


b0000523_23325780.jpgKenneth Bager 『Fragments From A Space Cadet』 (Music For Dreams)

去年の夏頃に出てたバレアリック名門レーベルオーナーによるファーストアルバム。
「A Summer In Place」とか「Les Fluer」とか名曲の哀愁メロディをたくさん使ってて、
ギターとか歌とかの音と程よいエレクトロ+ダブ感がさすがのラウンジ系最高峰アルバム。
シスコから日本盤が出てなきゃ聴いてなかったかもしれないので超感謝。
このアルバムからのリミックスもシスコのライセンスで12インチがたくさん出てます。

試聴 http://www.cisco-records.co.jp/html/item/003/073/item328481.html

Amazon [JP盤]/[UK盤]



b0000523_2333857.jpgTom Middleton 『Lifetracks』 (Big Cill Recordings)

今回のスタジオボイスのアンビエント特集にももちろん掲載されている
Global Communicationとしての『76 14』という大傑作を始め、様々な場面で
ハッとさせられる数々の作品やミックスを残してきたTom Middleton。
彼がこの10年間にちょっとずつリリースしてきたソロ作品を集めたアルバムがこれ。
なので持ってる曲もちらほらあるんですがやっぱり好き。
ジャケットインナーには各曲のイメージを表現したポートレートがそれぞれ掲載されてます。
これも日本盤がMusicmineから出ててそっちにはボーナス8cmCDとして、
前述の『76 14』の曲「Lament」の2000年にロンドンのユニオンチャペルにて
聖歌隊と共に演奏されたライブバージョンが付いてきます。これは非常にありがたい。

試聴 http://www.amazon.com/Lifetracks-Tom-Middleton/dp/B000W1V8D0

Amazon [BonusCD付きJP盤]/[US盤]/[UK盤]



b0000523_23332787.jpgVarious 『Massive Classics Volume 1』 (Dirty South Records/Nocturne)

その名の通り、あのMassive Attackがサンプリングした曲を集めた企画盤。
ほぼファーストアルバム『Blue Lines』のネタで懐かしいのと、こうして改めて聴いてみると
ビックリするくらいの名曲ぞろいで、ほんと一時期このCDばっかり繰り返し聴いてました。
ちなみにコンパイルはDJ Cam(さすが!)で、自分的ベスト曲はWally Badarou 「Mambo」と
William Devaughn 「Be Thankfull For What You Got」。地味だけど超オススメCDです。

試聴 http://www.tunes.co.uk/tunes/featured/9878.htm

Amazon [FR盤]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2008-07-23 21:01 | 今日の一枚