<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Various 『Electric Soul 2 (Blended by The Unabombers)』 (Electric Chair)

b0000523_6204167.jpg前作もPeven Everett、Jazzanova、Black Eyed PeasのWill I Am、Osunlade、Metro Area、Carl CraigのDetroit ExperimentにAmp Fiddlerといった選曲で好評だったらしい(自分はまだ未聴)、The UnabombersによるミックスCDの第2弾。

01. D'Nell - This Thing
02. Calvin Harris feat. Ayan - Let Me Know
03. Kenn Starr, Ashery & Talib Kweli - If
04. NSM - She's Got Soul
05. Only Child feat. Amp Fiddler - Find A Way (Yam Who Remix)
06. Beef Wellington feat. Mellissa Mya - Dedication
07. Next Evidence - Dance On (DJ Mehdis Dub)
08. Foolish & Sly - Rainfalls (Stevie Fella Kotey Mix)
09. Nubian Mindz feat. KJ - Dreaming
10. Rhianna - Word Love (Jays Extended Mix)
11. Siji - Feelslike
12. Jazzy Jeff feat. Erro - Rock Wit U (Yoruba Soul Dub)
13. Incognito - Out Of The Storm (Carl Craig Mix)

これ、去年の夏くらいに出てた物なんですが、今年に入って入手して休日、外出がてらに聴いていたら、センスのよい選曲と無理なく程よいMix具合とで、もうどうしようかと思うくらい心地良くてね。思わずTracklistも載せてしまいましたが、内容的にはクロスオーバー的R&B~ディープハウスといった感じのわりとシンプルでストレートな流れなんだけどなんなんだろうね、この気持ちよさは。少なくとも僕には同じく去年出てたJazzanovaの『...Mixing』よりも数倍良かった。とにかくほんと万人にオススメできます。

でもってこのThe Unabombersとは何者なのかと思ってたら、どうやらOnly ChildのメンバーがやってるDJユニットということらしい。なるほどね。とりあえず前作もチェックしなければ。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-02-18 05:35 | 今日の一枚

更新・アップデート・上書き

がなかなか苦手な僕でありますが放置っぱなしだったサイトの方に手を入れました。
手抜き・・とか言わせません!考えうる最大のシンプルさで今の自分を表現したまでです。うん、そう言ってみればほら納得。
ある意味とてもパーソナルな方向に向かおうとしてるのか?近々'radio'にも音を置きますがこいつはもうちょい待ってください。

そうそう加えてこのブログの右下にブックマークリンクを置いてたんだけど、こいつをドカンと大幅に増やしてみました。
ほとんど音を聴く、探すサイトで普段から僕が頻繁にアクセスしているかなり厳選されたものばかりなのでどうぞよろしくしてやってください(何か偉そう)
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-02-18 05:11 | その他の雑記

The Connection Machine 『Painless』 (Down Low)

b0000523_2142623.jpgここ最近、UR関連やOctave Oneのアルバムなどなど、デトロイトリリースラッシュが続いていますが、そんな中でひっそりと出ていたこいつが僕にとってはもっともエキサイティングでした。彼らについて日本語で書かれているサイトがちょっと見当たらなかったのでまずは簡単な紹介から。

90年代初頭に出会ったJeroen BrandjesとNatasja Hagemeierの2人によって始められたThe Connection Machine。U-Traxというオランダのレーベルからファースト・レコードをリリースしたのち、あのCarl Craigと出会う。デモを聴いたCarlはすぐさまPlanet Eから彼らのレコードをリリースすることを決め、95年に一枚の12インチをリリース。他にMorgan GeistのEnvironレーベルでもリミックスを手がけるなどしたが、96年に入って事情により活動休止状態に。それから約10年の時を経て、ついに彼らが再び動き出した。とまぁこんなところでしょうか。そんな彼らが今年に入って約10年ぶりのリリースとなったのが今作であり、同時に初のフルアルバムでもある。

収録されている音の多くは90年代後半に制作され、Planet Eからリリース予定だったものらしいですが、デトロイトテクノ/ハウス~ダウンテンポ、アンビエントといった古き良きとも言えるサウンドが今聴いても色褪せなくとても素晴らしい内容。今回のリリース元はDown Low MusicというUSのアンダーグラウンドなレーベルで、オーナー(たぶん)である$tinkworxをはじめ、Dan CurtinやThe Moderator、Arne Weinbergといったデトロイトから影響を受けた独自の解釈でのテクノ・エレクトロニックミュージックをリリースしているところで、ここも今後ちょっと目が離せないといった感じ。(僕もまだ数枚しか手に入れられてませんが)
http://downlowmusic.org/

デトロイトといえば発売されたばかりのGalaxy 2 GalaxyのCDの音が小さいのが少し不満な今日この頃(Los Hermanosとかも同様でした)。店でかけたりするにも他より音量を上げなきゃならないし…(ブツブツ)。とはいえまさか白昼堂々「Amazon」やら「Jupiter Jazz」やら「Hi-Tech Jazz」やら聴ける時がこようとは、という感じです。昨日のライブは行けなかったんですがどうだったんでしょうか?気になります。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-02-14 10:53 | 今日の一枚

Warszawa Might! -Machine Drum Japan Tour-

大変です。以前のMerckイベント@吉祥寺でも共演だったKristuit Saru(Jimmy Edgar)との対比でストイックなLiveを見せてくれたMachine Drumにブレイク硬派ビーツ兄貴Riow Arai、Romzを主宰し近年さらに活躍の場を広げ続けるCom.Aといったメンツのライブに加えてMerckのオーナーや最近アートブック+CDをリリースしたばかりのBeta BodegaのLa Mano Fria(もちろんヴィジュアル面も全面的に担当!)、L?K?O、そして我らが曽我 巧!らのDJといった、盆と正月がいっぺんに的なパーティがあるって!!スペシャルサプライズDJフロムCounterflowってのも気になるところですが、とにかく2.18はModule集合つーことで!

Warszawa Might!
-Machine Drum Japan Tour-
@Module 2/18 [Friday]

Live:
Machine Drum [Merck]
Riow Arai [Libyus Music/Soup Disk/Leaf]
Com.A [Romz/Tigerbeat6]
Hidenobu Ito [Fly Rec/Elegant Disc]
Nue + Conflict [Opuesto]

Merck Designers Visual Battle!:
La Mano Fria v.s. Akira Takahashi

DJ:
DJ Merck [Merck/Narita]
La Mano Fria [Beta Bodega Coalition]
L?K?O
Rammon [Warszawa], 曽我 巧 [Stylus], Rilla,
Yasu2b [Sidewalk/Discsystem], Aoki [We Nod],
Special Surprise Guest DJ From Counterflow (Miami)!

22:00 Open
Door:¥2500-1D /¥2000-1D(W/F)
http://www.warszawa.jp/events/050218/main.html
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-02-06 12:00 | イベント/ライブ