カテゴリ:イベント/ライブ( 27 )

Gilles Peterson ジャイルス@イエロー

b0000523_3362520.jpg先週の土曜かな?に行ってきました。ジャイルスといえば去年だったかAirでお茶目な2 Banks Of 4と一緒にやってた時以来だったんだけど、いろいろあって当日どうしても行きたくなっちゃって。同日青山LoopでのIG Cultureも相当気になってたんだけど。。

イエロー入ったらちょうどSoil & Pimp Sessionsのライブ中。カッコ良いんだけど彼らの音ってちょっと派手すぎて苦手な部分もあって、しかもフロア激込みだったんでバーで乾杯してモニター眺めてました。そのあとジャイルスだったんだけどいや今回はマジでやられました。直前のライブとの対比もあったのかもしれないけど意外にもビートダウン~ファンキーブレイクビーツとかが多めで、さらにブラジリアン、ジャズ、ハウス、ディスコソウルetc...こんな曲からあんな曲までさすがに信頼のロングプレイ。結局自分らはほとんどずっとフロアにいたかも。

今回CompostのEddy Meets Yannahの男の人のほう?がマイク持っててMCやちょっとした歌を乗せたりしてて。"Wooorld Wideeee!!"とかね。そんで5時近くかな、いい加減帰ろうとしてたら出ましたよ、、、この先も永遠のTalkin Loudクラシックとして輝くであろうNuyorican Soul 「I Am The Black Gold Of The Sun (4 Hero Remix)」が!!ジャイルスがかけてるのがまた感慨深いよ…そっからドラムンタイム来ちゃってまたアガって。。まぁその後帰ったんだけど何時までやってたんだろ?きっと朝方ヒップホップとかもかけるんだろなーくそーいいなーとか思いつつイイ気分のまま眠りにつきましたよ。おかげで翌日に支障が出ましたが(苦笑)

そういや途中メチャメチャヤバイ聴いたことないのが2曲続いたんだけどそれが何だったのかすげー気になった。ちょっともう忘れかけてるけど3時すぎくらいかなぁ?硬質ボッサビートに荒々しいベースが鳴るちょい激しめの曲→セオっぽい雰囲気の黒くて重心の低い変則ミニマルビートの曲っていう流れだったような…。もしあの曲じゃない?ってわかる人いたら情報ください。

ついでに新譜情報。

b0000523_4151948.jpgGilles Peterson 「The BBC Sessions」 (Ether Music)
"In no particular order: Heritage Orchestra, Beck, Bjork, Zero 7, Plantlife, Matthew Herbert, Nitin Sawhney, Roots Manuva, Amp Fiddler...What do all these have in common?"

とかいうなんかすげーのがたぶん今月の末あたりに出ます。しかもタイトルからお察しの通り、全曲エクスクルーシヴ。さすがです。上の他にもざっと名前だけ挙げるとN.E.R.D、Fat Freddy's Drop、Dwele、NSM、Jamie Cullumとかね。そして僕はやっぱりCommonの声が大好きです。2CDでかなりマッタリとしたチルな内容。そして今回はミックスじゃなくて進行もBBC風で肩の力抜いて聴けるさりげない贅沢リラックスコンピの仕様。かけてると気持ち良く寝れます(ダメですか?)とりあえずお見逃しなく。

さらに11月にはUbiquityのサブレーベルより「Gilles Peterson Digs America」なるレアソウル/ファンク/ジャズのコンピも出すようです。すごいっす。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-10-02 02:13 | イベント/ライブ

Metamorphose 05

b0000523_2045382.jpg(長文です)実は行く直前まであまり盛り上がってなかったんですよ。とりあえず前日にチケット入手して交通手段調べたりとかして。当日の土日はバッチリ休み取ってたんでよかった。東海道線の鈍行でグリーン車料金払ってビールと駅弁食いながらのんびり向かいました。修善寺駅から臨時バスが出ててそこの地元の人と思われるおじさんたちが「メタモルフォーゼの方はこちらからバスどうぞ~臨時出てますよ~」って言ってるのがなんかおかしくて。そのバスに乗って会場まで。到着したのは19時過ぎ。

まず最初は暗すぎて状況が全然わからなかったのと、各ステージが結構離れててかなり歩かなきゃいけなかったので(おかげで音が被ったりとかはまったくなかった)、とりあえずたくさん出てる屋台で飯食ったりして過ごしてたらメインのSolarステージでBoom Boom Satellitesのライブが始まる。野外だというのに遠目からでも音がデカイ!さすがはるばるここまで来ただけあるな。そしてやっぱりライブはいいなぁと思いつつ、Kihira Naokiの時間になったので山の方のPlanetステージまで歩く歩く。ほんと最初はどこ行けばどこに出るとか全然わからなくて苦労して迷ったりもした。キャンプサイトの中を歩いて沼地を上ると開けた場所に出てそこがPlanetエリア。そこで何人か知り合いに会って飲んだり踊ったりしつつ、Rovoが始まったみたいなんで再びSolarエリアに戻る。新宿だかのちっちゃいライブハウス以来に見る彼らはさすがのステージでした。強めにエコーがかったヴァイオリンの演奏やサイケデリックな映像でほんとこの人たちは何よりもトランスだな~と。カッコ良かった。

その後また別の知り合いと会えてしばらく一緒に飲んだりしてるうちにTortoiseのライブ開始!他の何人かはDJ Bakuを見に行くというので再び分かれて僕らはしっかりライブを堪能。彼らのライブは今回やっと初めて見れたんだけど圧巻でした。ステージ一番手前に向かい合うようにセットされた2台のドラムセットにギター、ベース、キーボード、マリンバ、ヴィブラフォンといった楽器を5人のメンバーで代わる代わる弾いていくようなライブで音はすべて生演奏のみだったと思う。それでいて複雑な曲をあの完成度でやられるなんてほんと驚かされたしすごく興奮した。すごく良かったんで今度また日本であるときは必ず行こうなどと考えつつ、今度はLunarステージまでDJ Krush目当てに急いで移動。

ここもまた遠いんだよね。ほんと山登りとか久しくしてなかったからちょっと懐かしかったよ。ウェアハウスを意識したという巨大な体育館のようなステージでKrushのアグレッシヴなプレイ!以前に見た彼のプレイとは全然違ったんだけどほんともう今回はすげー良くて1時間弱メチャメチャ踊った。それからKrush終わってドラムンベースタイムに突入。自分的にはひさびさのドラムンでさらに30分くらい一人で踊ってたんだけど、さすがに疲れたのでGoldieが出てくる前に出てきちゃった。そうそうLunarステージの奥には温泉施設もあって友人はその間ずっとそっち行ってました。いい湯だったらしい。

その後またSolarに戻ってくると(ややこしいな)、Green Velvetがマイク片手にまるでカラオケ状態のライブを!上から見てたんだけど客がすっげー増えててめちゃめちゃ盛り上がってた。そういえば思い出したんだけど12時前に一時ビールが売り切れるというありえない自体が起こってました・・・今回は飲み物に関してあまりイイ感想を聞かないけど確かにそう。なら最初から持ち込みOKを謳ってくれれば話は別だけどさ。値段は一杯500円ってのはまぁ良心的かなと思うけど種類も少なかったしね。

そんな話はさておき、4:00からGalaxy 2 Galaxyとタイムスケジュールではなってたんだけど、3:45分頃になっていきなり「Return Of The Dragon」のイントロが聴こえてきて音合わせかと思ったらライブ始まってる?!急いでステージ見に行くとMCがいて煽る煽る。僕は連れをさっきTortoise見てた場所に置いて気付いたら結構真ん中らへんまで来てて。そして続く「Final Frontier」(クラフトワークがミックスされてた)、「Timeline」やら「Inspiration」やらLos Hermanosの曲や「Aguilla」などなどが次々に演奏され、「First Galactic~」やってちょうど5:00くらいかな。メンバー一度引っ込んじゃって、いやいやいやいやアレやってないだろと。案の定すぐ戻ってきてついにこの時が!「Hi Tech Jazz」!!!しかも夜明けが来てて風も涼しくてなんて最高のシチュエーションなんだと。さすがに涙までは出ませんでしたが気持ちは高ぶった!ラストは「Jaguar」で締め!いやここまでやられたらさすがに言うことはないですよ。しいてあげるなら「Amazon」と「Jupiter Jazz」が聴きたかったけど。とはいえ熱すぎだよアンタら・・。僕も何度両手を上げたことかわかりません。まさに感無量。

b0000523_2132557.jpg夜も明けて体力もかなり減ってたんでここで初めてシートひいてちょっと寝たかな?Ananda Projectのライブを見ながら(聴きながら)贅沢な休息を。上の写真はその時のものなんだけどすごく心地よかった。最後はCalmで締めるためにPlanetステージへ。すっかり夜も明けて晴れてたんで熱かったけど、爽やかな曲を聴きながらイイ気持ちで9時前ごろ会場を後に。今回少なくとも僕にはとても満足の行くイベントでした。Tortoiseがメタモでほんと良かった、とも。帰りはそのまま修善寺で温泉入ってちょっと寝て、うまい蕎麦を食って、その後は熱海をブラブラして、廻ってない寿司も食って、花火まで見て(右の写真)、日曜の23時ごろ家に着きました。自分にとってはこの夏最大のイベントだったなーってことでまた来年も楽しみにしてますよ。

2005年8月27日(土)@伊豆市修善寺 自転車の国サイクルスポーツセンター
http://www.metamo.info/

PS. 熱海の花火大会は馬鹿みたいに近くでいっぺんに打ち上げるスタイルでこれはこれで面白かったです。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-08-31 20:05 | イベント/ライブ

Autechre/LFO/Rob Hall/Russell Haswell @Club Citta' Kawasaki

そういえば先日のAutechre行って来ました。仕事終わって直行したんだけど、川崎は意外に遠くて最初のRob Hallには間に合わず(彼のDJはすごく良いので残念)。初めて行ったクラブチッタは小奇麗な場所に立ってて中もかなり広い。僕らが入るとLFOが尋常じゃない音を出していて異様な空間。音はかなりいいみたい。そして予想はしてたけどやはり激混み。とりあえずビールで乾杯しながら物販コーナーを眺めるとWARPのCDとレコードがとてもたくさん置いてあって(なんでもBeat InkのWeb通販が始まるらしい)、Tシャツもあったけどイマイチ。そういやGeogaddiの万華鏡まであって限定2個だけって言ってたなw フロアは爆音でぶっ飛ばしてたLFOが大きな歓声と共に終了。程なくしてすべての照明が落ちてAutechreの2人登場。ところどころで新作の物らしき音も見え隠れしながら終始ビートが変化していくノンストップのおよそ1時間半に及ぶライブ。非常灯まで消えていたので見えていたのは彼らの機材の明かりくらいという本当に真っ暗闇のなか、次から次へとやってくるビートの嵐で意外なほどみんな踊ってましたね。それにしてもライブは素晴らしい内容で、僕が持っている彼らのイメージ「ビートとサウンドをストイックに探求、提示し続ける人」そのものだったんだけど、正直初期のアンビエントは好きだけど最近の音はほとんど試聴程度でスルーしてたくらいだったので嬉しい再発見というか本当に楽しかったなぁ(まぁ自宅ではあまり聴かないだろうけど)。Russell Haswellはわりと穏やかな感じで始まってて照明もちゃんとまたついてた。もっと聴いていたかったんだけど諸事情で早めに切り上げてしまったので書けるのはココまで。次はまた7年後じゃなくて2年後くらいにはまた見たいなぁと思います。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-06-19 02:36 | イベント/ライブ

Warszawa Might! -Machine Drum Japan Tour-

大変です。以前のMerckイベント@吉祥寺でも共演だったKristuit Saru(Jimmy Edgar)との対比でストイックなLiveを見せてくれたMachine Drumにブレイク硬派ビーツ兄貴Riow Arai、Romzを主宰し近年さらに活躍の場を広げ続けるCom.Aといったメンツのライブに加えてMerckのオーナーや最近アートブック+CDをリリースしたばかりのBeta BodegaのLa Mano Fria(もちろんヴィジュアル面も全面的に担当!)、L?K?O、そして我らが曽我 巧!らのDJといった、盆と正月がいっぺんに的なパーティがあるって!!スペシャルサプライズDJフロムCounterflowってのも気になるところですが、とにかく2.18はModule集合つーことで!

Warszawa Might!
-Machine Drum Japan Tour-
@Module 2/18 [Friday]

Live:
Machine Drum [Merck]
Riow Arai [Libyus Music/Soup Disk/Leaf]
Com.A [Romz/Tigerbeat6]
Hidenobu Ito [Fly Rec/Elegant Disc]
Nue + Conflict [Opuesto]

Merck Designers Visual Battle!:
La Mano Fria v.s. Akira Takahashi

DJ:
DJ Merck [Merck/Narita]
La Mano Fria [Beta Bodega Coalition]
L?K?O
Rammon [Warszawa], 曽我 巧 [Stylus], Rilla,
Yasu2b [Sidewalk/Discsystem], Aoki [We Nod],
Special Surprise Guest DJ From Counterflow (Miami)!

22:00 Open
Door:¥2500-1D /¥2000-1D(W/F)
http://www.warszawa.jp/events/050218/main.html
[PR]
by soundscope_b2fr | 2005-02-06 12:00 | イベント/ライブ

感謝

先日のMIX UPにはたくさんの人が遊びにきてくれました。
ライブの方もかなりの盛況ぶりで素晴らしい演奏を見せてくれたFRISCOの森下さんも
「いやーこんなにアゲアゲのイベントだとは・・(笑)」とおっしゃっていました。
FRISCOのみなさん、BAX、ネネ、MIX UPクルーのみんなそして来てくれた人たちあの場にいた全員に大きな感謝。

個人的にはいろいろな課題が残るけれど、今のこの感謝の気持ちを胸にこれからもできることをできるだけ、やっていこうと思う所存です。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2004-08-02 11:04 | イベント/ライブ

ジャズフェス

こないだの松永貴志の話で出てきた東京JAZZ2003。どうやら2004に向けての特集番組が組まれていたみたい。
そっちも見たかったなぁくそう。

それにしてもチケット代とか高そうだなぁ・・・と思って調べてみました。
http://www.tokyo-jazz.com/

まぁ値段はさておいてなかなか興味そそられるラインアップではある。
去年に引き続いて3年連続出場のハービーハンコックや僕の去年よく聴いていたクラブジャズアーティスト、
Reel People参加というのもポイント高い。そしてTOTO(!)。このあたりどう絡んでくるんでしょうか。

ちなみに去年はSpeech出てたのか・・知らなかったよ..._| ̄|○

他に国内のJAZZフェスというと、
http://mtfujijazz.com/index04.html
http://www.madarao.jp/jazz/
あたりが浮かびますが、斑尾のほうは協賛が得れなかったため残念ながら今年は中止だそうです。

どのイベントもおっきくなって、かの有名なモントルージャズフェスティバルの日本版みたいになってくれたらいいですね。
[PR]
by soundscope_b2fr | 2004-07-26 14:45 | イベント/ライブ

"MIX UP meets FRISCO"

7/31 (Sat) PM11:00--AM5:00 @OHMIYA Hearts
DOOR: ¥1500 (1 drink) ADV: ¥1000 (1 drink)

SPECIAL LIVE: FRISCO
98年、大宮で結成。当初はギター、ベース、ドラムの3ピースというシンプルな編成であったが、時と共にサックス、ペダルスチールなどが加わり、現在は7人編成。過去に2枚のアルバムをリリースしており、DUBを基調にROCK, SOUL, JAZZなどを取り込んだサウンドで話題を呼ぶ。現在はよりオーガニックな生音重視のサウンドに移行。今夏、ゲストにKING NABE (ex. SKA FLAMES, 現The BOLDIES)、JUN SAITO (YOURSONG IS GOOD)、KC & RIE (riddim saunter) をフィーチャーした限定7インチ・シングルをリリースし、8月にはエゴ・ラッピン、クラムボン、クボタタケシ、CALMらを始め、レゲエの枠に留まらず、様々なアーチストとライブで共演予定。また、今秋には3rdアルバムを発売。大宮~東京を中心に精力的に活動するFRISCOがMIX UPのステージでSPECIAL SUMMER LIVEを敢行。DUB YOUR LIFE BABY!!

FLAVOR OF THE MONTH: BAX & ネネ LIVE

DJ: MORISHITA(from FRISCO) & MIX UP REGULAR DJs

チケット欲しい方は下記までメール下さい。
soundscope_b2fr@hotmail.com
[PR]
by soundscope_b2fr | 2004-07-21 03:27 | イベント/ライブ