Dâm-Funk 『Toeachizown』 (Stones Throw)

b0000523_2363525.jpg昨年にドロップされて、各方面で何かと話題になってた感のある
Dam-FunkのCD2枚組全24曲というボリュームを誇る初フルアルバム。

あまり詳しくは知りませんのでなんとも申し上げられませんが90年代の
アメリカ西海岸でいわゆる“ウェッサイ系”ヒップホップの錚々たる作品群に
キーボーディストとして参加していたという経歴を持っているそうで、
プリンスをはじめとする80'sモダン・ファンクに大きな影響を受けているとのこと。

今年に入ってからは、CDよりもさらに5曲多いアナログ5枚組全29曲の
重量級BOXも発売され、遅ればせながら自分もようやくチェックしたと同時に
これまでにない衝撃がかけめぐりました。

まるで80年代なリズムマシン全開の無骨なロービートに、哀愁漂いまくりの
ブギーなアナログシンセやヴォコーダーといった往年のサウンドが乗っかり、
ここ数年、いい加減飽きるほどリリースされている80'sを意識したバリバリの
エレクトロ・サウンドに疲れた耳に、スッと入りこんでくる歌物、インスト物
ともに気持ちよすぎて幸せすぎなレイドバック・ファンクチューンの数々。

しかもこれがまったく古臭さを感じさせず、ノスタルジーも近未来感もある
時代を超越したサウンドに20数曲だろうがいくらでも聴けてしまう。
求めていたのはこれです・・・(涙)

「Mirrors」


「I Wanna Thank You (For Steppin' Into My Life)」


もう2年近くも前からちょいちょい発売されてて名前だけは見てきた12インチや
7インチも、さかのぼってネットで色々試聴していくと、いろんなDJ Mixなどで
聴いてはこれいいな、これなんだろ、とか思っていたトラックが次々と・・・。

これらをまるですべて聴き逃してたとは、、今まで何をやってたんだと
自分を猛烈に責めております。あーバカバカ。。

今月末にはPBWとともに再び来日します。
Stones Throw Japan Tour 2010 feat. Peanut Butter Wolf & Dam-Funk
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2010/04/30/100430_stone_throw.php

Amazon: [US盤]
iTunes: [iTunes]
[PR]
by soundscope_b2fr | 2010-04-20 02:35 | 今日の一枚
<< 00年代ベスト Rainbow Disco C... >>